ストレスフリー生活研究ラボ

ストレスフリー生活研究ラボ

全てのサラリーマンのための、心と体が整うストレスフリーな生き方探し

YouTubeをテレビで見る方法【低コストな方法のみ3選】

YouTube

最近、テレビよりYouTubeを観る時間の方が長くなったってご家庭も多いようです。

ネット動画は、主にスマートフォンタブレットで観ているかと思いますが、長時間の動画を観る時に、こんな不便さを感じることはありませんか?

僕は画面が小さくて目が疲れちゃいます。画面との距離が近いから目に悪そうだし。。。

画面が小さいと、細かい動きが見にくいから、スポーツ動画を観るとボールの動きとかわかりにくいよね。

LINEの通知が来て、途中で違うものを見はじめてしまうことがよくあるな。

そんな皆さんに提案です。

どうせテレビを観ないんなら、テレビの大画面でYouTube観ちゃいませんか?

それも低コストで。

 

YouTubeをテレビで観ることで得られる体験

YouTube テレビ

ただ、画面が大きくなって見やすいというレベルではありません。

実際に体験してみると、視聴環境が全く変わるという感覚を味わうことになります。

僕の体験談をお話しします。

今までノートPCで動画を見ていたのですが、10分以上の動画だとすぐに早送りをしてしまい、なかなか落ち着いて見ることはありませんでした。

ネット動画だと映画を集中して観られないので、結局レンタルDVDを借りてくるなんてこともありました。

そんな僕が、動画をテレビで見るようになった途端、気がつけば「クレヨンしんちゃん」ですら、1時間近く見てしまっている状況です。

とにかく見やすい。だから、ずっと見ていられる!

これがYouTubeをテレビで見ることで得られる感動体験です。

 

 

子育て中の方にもオススメ

子供 テレビ

例えば、最近だと小さいお子様のいる家庭では、家事をしている間にお子様にYouTube動画を見せているという話をよく耳にします。

もし、スマホタブレットで見せているなら、是非テレビへの接続をオススメしたいです。 

お子様の集中度が全く変わってくると思いますよ。(目にも優しいですしね)

では、ここから具体的な方法を3つ紹介していきます。

 

 

1.Amazon FireTV

僕はこれを使っています。

価格は4,980円とリーズナブル。

テレビのHDMI端子に本体を繋いでWi-Fiと接続するだけで、すぐにYouTubeをはじめとした様々な動画サービスの視聴ができます。

<特徴>

  • YouTubeだけでなく、AmazonプライムビデオやDAZN、Abema TV、Huluなどの様々な動画サービスが視聴可能
  • バイスもコンパクト(スマホを縦半分にしたぐらいのサイズ)で持ち運び可(他のテレビでも使える)。インテリアの邪魔にならない。
  • シンプルで操作性の良いAlexa(アレクサ)搭載リモコン付き。CMでお馴染みの「Alexa、◯◯して」が体験できます。

<内容物>

  • バイス本体
  • リモコン(Alexa対応、電池もついてます)
  • 電源アダプタ
  • HDMI延長ケーブル

<必要なもの>

  • HDMI端子のあるテレビ(今どき、普通ついてます)
  • Wi-Fi環境(インターネット接続に必要です)

2019年7月現在で販売されているものは、以下の2つです。


新登場 Fire TV Stick - Alexa対応音声認識リモコン付属
 


Fire TV Stick 4K - Alexa対応音声認識リモコン付属

価格は通常の方が4,980円で、4Kの方が6,980円です。

画質だけの差ですが、僕は通常版を使っていますが、画質に不満は感じませんでした。

画質へのこだわりが強くない方は通常版で十分お楽しみいただけますよ。

 

 

2.Chromcast 

こちらもFireTVと同様の機能を持っており、価格も同じ4,980円

設定の仕方も、対応する動画サービスもほぼ変わりません。

というより、2019年7月から差がほとんどなくなりました。

(※ChromecastではAmazonプライムビデオが見れませんでしたし、FireTVではYouTube公式アプリがありませんでしたが、今は解決)

ですので、Fire TVとの違いだけを紹介します。

<FireTVとの違い>

  • リモコンが付いておらずスマホでの操作になる。結果的に、「OKグーグル!」の音声操作が可能。
  • ミラーリングスマホの画面をテレビ側に表示させる)対応。(Androidのみ)
  • 動作スピードが新型Fire TVよりも劣る(2019年7月現在)Amazon公式サイトでは「FireTVはChromecastの2倍のメモリを搭載している」とある。


Google Chromecast チャコール

基本的にはFireTVとほぼ同性能なので、Androidスマホユーザーはこちらにしてみても良いかもしれませんね。 

動作スピードに関しては確かに差がありますが、再生ボタンを押してからの動画の立ち上がりのタイムラグがある程度なので、長時間視聴前提なら問題ありません。

 

 

3.パソコンとテレビをHDMIケーブルで繋ぐ

ここまで言っておいて、アレなんですけど、パソコンとテレビを繋ぐという手もあります。(テレビを拡張モニターとして使うイメージです。)

パソコンの端子次第なので、どのケーブルを買うかは人によるのですが、概ね1,000円前後のコストで実現可能です。 

<特徴>

  • もちろん、リモコンはないので操作はPC側で行う。そのため、リモコンやスマホで操作とはならない分、操作性は悪い
  • パソコンとの接続なので、テレビと繋ぎっぱなしにしておくことは難しい。見たい時に、いちいち用意する手間がある。
  • しかし、圧倒的にかかるコストは安い

<必要なもの>

  • パソコン
  • テレビとパソコンを繋ぐケーブル(HDMIケーブル等)

 

 

オススメは、やはり・・・

3つの方法をお伝えしましたが、使い勝手と性能から僕のオススメはFireTVです。(実際に今使っています)

テレビのHDMIケーブルに繋いでおけば、いつでもYouTubeをはじめとした動画をテレビの大画面で見られますし、動画再生もスムーズです。 

ただ、もしもPS4PS3Xbox360などのインターネット対応したゲーム機ネット対応のブルーレイレコーダーをお持ちなら、その機能を使った視聴も可能です。

お持ちでない場合は、5,000円ほどで手に入るので、是非一度お試ししてみてはいかがでしょうか。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村