ストレスフリー生活研究ラボ

ストレスフリー生活研究ラボ

全てのサラリーマンのための、心と体が整うストレスフリーな生き方探し

カップルでサウナを楽しめる!大磯プリンスホテル『THERMAL SPA S.WAVE』【体験レポート】

こんにちは。【ストレスフリーの探求者】チャオ酢です。
今回は、「大磯プリンスホテル『THERMAL SPA S.WAVE』の体験レポートです。

S.WAVE

Photo by :THERMAL SPA S.WAVE | 大磯プリンスホテル

THERMAL SPA S.WAVE は、大磯ロングビーチでお馴染みの「大磯プリンスホテル」施設内にある話題のスパです。

以前、熱海の後楽園ホテル内スパ「Fuua(フーア)」についても紹介しましたが、スーパー銭湯にはないリゾート感が最大の魅力ですね。

こういった施設は男女兼用スペースがありカップルや夫婦で利用しやすく、今回の「S.WAVE」は「Fuua」以上にガッツリとサウナ施設がある内容になっています。

僕は奥さんと2人で行ってきたので、「実際に夫婦やカップルで楽しめるのか」という目線で体験レポートをしたいと思います。

 

このチェックポイントに当てはまる方には、特におすすめです。

    ✔︎「S.WAVE」に未体験で、「実際のとこ」が知りたい方
    ✔︎カップルや夫婦など、男女でサウナ・温泉施設を楽しみたい方
    ✔︎「癒し」「リゾート」「ストレスフリー」に興味がある方
    ✔︎スパ施設をお得に楽しみたい方

ちなみに、うちの奥さんはここを利用してサウナの魅力に目覚めました
彼女や奥さんをサウナーに育成して、趣味を認めてもらうのに使うのも手ですよ。

 

大磯プリンスホテル『THERMAL SPA S.WAVE』とは

施設概要

施設概要

THERMAL SPA S.WAVE | 大磯プリンスホテル

大磯プリンスホテル(神奈川県)の施設内に2017年7月にオープンした、スパリゾートです。

利用料は大人4,500円(入湯税+150円)、営業時間は6〜24時で、バスローブと温泉用のバスタオルやハンドタオルが無料で貸し出されます。

施設内は、男女で楽しめる「スパフロア」男女別の「温泉フロア」があり、客層はカップルや女性同士のお客さんばかりでした。

ちなみに、中学生未満のお子様は「温泉フロア」にしか入れないため、騒がしくなくゆったりと楽しめます。

 

※注意1 スパフロアは「水着」が必須

スパフロアは水着で過ごすことになります。(水着の上に、貸し出されたバスローブを着て館内を移動)

水着のレンタル(有料)もありますが、せっかくなのでお気に入りの水着で楽しんでください。(スパフロア用のタオルは館内で何枚も使えるようになっているので、水着だけあればOK。)

実際、トレーニング用の水着を着る方もいましたが、ほとんどは海やプールで着るようなタイプの水着でした。

 

※注意2 お食事は計画的に

さすが、大磯プリンスホテル内の施設。ランチもS.DININGまたは中国料理 滄とスパのセットプランが用意されています。

ただし、こちらは事前予約制とのこと。

スパの中には食事ができるところは一切ありません。

事前にどこかで食事してからスパに入った方が良いかもしれませんね。

 

 

サウナは4種類!水風呂もあります

それでは早速、スパフロアの施設紹介です。

カップルでサウナを楽しめる」と紹介しただけあって、サウナは4種類も用意されています。1つずつ紹介していきますね。

 

パノラミックサウナ

パノラミックサウナ

Photo by :THERMAL SPA S.WAVE | 大磯プリンスホテル

サウナ初心者のうちの奥さんとの利用だったので、まず始めは負荷の少ない「パノラミックサウナ」(40〜50℃と低温)から入室しました。

ここの魅力は、広々したスペースと、周りが一望できる大きな窓です。

40〜50人は入れそうなスペースですが、混雑していないので、利用者の皆さんはタオルを下に敷いて横になってくつろいでいました。

そして、その目線の先には大磯ロングビーチとその先に広がる海!別方向の窓からは富士山を見ることもできます。

サウナに入る気満々だった奥さんは物足りなかったようで、「もっと暑いところに行きたい」とのこと。(よし、いい感じだ!)

 

岩盤浴

岩盤浴

Photo by :THERMAL SPA S.WAVE | 大磯プリンスホテル

次に入ったのが、サウナというか岩盤浴です。

室温は55℃ですが、天然石から出る赤外線で体がポカポカ温まって結構汗をかきました。

横になれるのは10人分くらい。女性の利用者が多いせいか、人気スペースになっていて、満席になっていることも多かったです。

気がつくと、20分ほど眠ってしまっていたようで非常にリラックスしながらも汗をかけました。これにはうちの奥さんも結構満足。

ここで一度、体をクールダウンさせるために、向かいの「アイスルーム」へ。

アイスルーム

Photo by :THERMAL SPA S.WAVE | 大磯プリンスホテル

室温は10〜15℃で上から雪が降ってくるところがあり、直接体に雪をかけたりして軽く遊びましたが、個人的には水風呂ほどはクールダウンできず、今ひとつかな。

 

テピダリウム

テピダリウム

Photo by :THERMAL SPA S.WAVE | 大磯プリンスホテル

そして、次に入ったのが「テピダリウム」。(部屋の入り口には「HEALING」と書いてありました。)

こちらは、どちらかというと精神的な癒しに特化した部屋で、室温は35℃と優しい温かさで、水が滴る音とアロマの香りで瞑想をしているような気持ちに誘われます。

ここにずっといると、頭の中が空っぽになれそうな感覚でした。

「これはこれでいい!でも、今日は違う!」と奥さん。(そろそろ、我慢できなくなってきたな)

 

フィンランドサウナ

フィンランドサウナ

Photo by :THERMAL SPA S.WAVE | 大磯プリンスホテル

ここで満をじして、最後に80〜100℃で湿度もしっかりあるフィンランドサウナ」に突入です。

写真の通り仄暗い空間で、無音の中にサウナストーンに滴る露が蒸発する音が広がる、というような意外とストイックな作り。

収容人数は20名いくかどうかというところでしょうか。日曜に行きましたが、混雑して座れないということはありませんでした。

奥さんはちょっとまだ慣れていないので下の段に、僕はそのすぐ後ろの上の段に座り、謎の縦関係の並びに 笑

普段全く汗をかかない奥さんですが、しっかり汗が出てました。

欠点というべきか、どのサウナにも時計がなくて、特にここはきっちり時間を見たいところだったんで、壊れてもいいような時計を持って行った方が良いかもしれません。

ちなみに、僕は頭の中でカウントしてました。結果的に雑念が取り払われた気も 笑

そしてその汗を流すのが、アロマの香りがするシャワー「エクスペリエンスシャワー」です。

温かいシャワーと冷たいシャワーがあって、それぞれに香りが違いました。

汗を流すだけでなく、体にいい香りが立ち込めてきます

さらに・・・

水風呂

Photo by :THERMAL SPA S.WAVE | 大磯プリンスホテル

肩まで浸かれる「水風呂」が用意されています。

温度は15〜20℃の設定で、サウナで熱くなった体をしっかりクールダウンさせてくれます。

奥さんも勇気を出して、水風呂にチャレンジ!「水風呂の良さに目覚めた」そうです笑

外気浴

そして、畳み掛けるように「外気浴」です。(ちょうど夕日になりかけていました)

外にはこんな感じの寝転がれるスペースが結構な数で用意されていて、海を見渡しながら「ととのう」わけです。

奥さんも「『ととのう』はわからないけど、すごい気持ちいい!これはハマるわ。」と大絶賛。

見事、サウナガールを新たに生み出すことに成功しました。

 

 

インフィニティプール&ジャグジー

THERMAL SPA S.WAVE

Photo by :THERMAL SPA S.WAVE | 大磯プリンスホテル

サウナ以外にも、リソートらしい施設も充実しています。

「インフィニティプール」は、その名の通り実際に中に入ると、プールの水面と水平線が一体になったように見える設計で素晴らしい。

季節によって水温を調整しているので、11月でも入ることができました。年中利用できるみたいですよ。

ここはフォトジェニックスポットとして、皆さんスマホ片手に写真を撮り合っていました。特に夕方は夕日を撮ろうと多くの方が集まっていましたよ。(水着なんですが、写真OKみたいです。一応、撮る時は他の方の写り込みに配慮しましょう。)

僕が撮ってみた写真がこちら↓

インフィニティプール(夕日)

インフィニティプールの隣には「ジャクジーも2つあり、こちらも外を見渡しながら楽しむことができます。

また、室内でも暖炉やハンモックなどの設備が用意されており、いろいろな過ごし方が楽しめる工夫があります。

 

 

温泉フロアも

あるにはありますが、こちらは内湯と外湯がそれぞれ1つずつあるシンプルな作りでした。外湯は囲いがあって、空しか見えない感じ。 

サウナで汗をかいた体を綺麗にするための場所ってぐらいですね。

ただ、さすが大磯プリンスホテル内の施設だけあって、アメニティはしっかりしています。この辺は女性的にポイント高いんじゃないでしょうか。

 

 

お得に利用する方法もあります!

カップルで一緒にサウナが楽しめる「S.WAVE」の体験レポートはいかがだったでしょうか。

今回の体験を機に、奥さんもサウナーの仲間入りをして、個人的には大満足な1日となりました。

最後に、「S.WAVE」をお得に過ごすための裏技を紹介します。

「S.WAVE」は利用料が4,500円とお高めなのですが、割引クーポン を利用したり、施設自体もレディース割、カップル割等の企画を頻繁にやっているので、実際は1,000円以上安く利用できます。

ご利用の前に、一度チェックしておいてください。

 

 

<施設の公式サイト>

THERMAL SPA S.WAVE | 大磯プリンスホテル

 

<おすすめ記事>

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村