ストレスフリー生活研究ラボ

ストレスフリー生活研究ラボ

全てのサラリーマンのための、心と体が整うストレスフリーな生き方探し

心や体調の問題は「姿勢」を良くすることで解決できるかもしれない(猫背の治し方も教えます)

近頃、「心や身体の調子が良くない」とお悩みの方にオススメのお話です。

不調を感じている方は、試しに一度、深呼吸してみてください。

背中の筋肉がストレッチされた感覚になった場合は、呼吸が浅くなっている可能性があります。

呼吸が浅いということは、体に取り込む酸素(=生きるために必要不可欠なもの)が常に不足している状態です。

人間は1日に28,800回もの呼吸をするそうですが、ダメな呼吸を1日に何度も何度も繰り返している状況って、さすがにマズい感じがしますよね。

呼吸が原因になって、心や身体に不調をきたしていることがあるんです。

この状況を改善する方法として、「無理せずできる姿勢の改善」を提案します。

 

 

浅い呼吸=酸欠状態により起こる不調

肩こり

呼吸が浅いことによるデメリットはどういうものがあるでしょうか。

  • 脳に回る酸素が不十分で、頭がぼーっとして集中できない
  • 筋肉に酸素が送られず、筋肉の柔軟性が損なわれて硬くなる(肩こり)
  • 筋肉が硬くなった結果、血流が悪くなって末端が冷える
  •     〃     、体の可動域が小さくなって代謝が落ちる
  • 体中から黄色信号(酸素不足)が出され、精神的な不安感を感じる

他にも挙げるとキリがありませんが、肉体的にも精神的にも影響してくることがわかると思います。

 

 

呼吸が浅くなる要因は、やはり「猫背」

猫背

呼吸が浅くなる要因は姿勢の悪さ=猫背です。

先ほどの深呼吸チェックで背中が伸びた方は、猫背になっていることが多いです。

現代人の生活スタイルは、スマホやパソコン仕事、運動不足によって、猫背になりがち。

猫背は肩が内側に入った状態なので、息を吸った時に胸を十分に膨らませることができなくなるため、呼吸が浅くなるという構造です。

その対策としてよく言われるのが、この2つ。

  • 筋肉が衰えている。広背筋を鍛えよう!
  • 肩甲骨が硬くなっている。ストレッチや筋膜はがしをしよう!

確かに、それぞれ効果があります。

ただし、筋トレはよっぽど鍛え上げない限り効果がないし、肩甲骨ストレッチは対処療法であり根本治療ではありません。

根本的に、すぐに効果が出る対策は、やはり姿勢自体を良くするしかありません。

 

 

「良い姿勢」の作り方

背筋を伸ばした軍人

「良い姿勢」とは、上写真の軍人さんのように、胸を張って背筋をピンと伸ばす姿勢を指しません。

だって、この姿勢は維持するのに疲れちゃって、結局猫背に戻りますよね。

これじゃダメです。

もっと自然に良い姿勢を作る方法を目指すべきです。

では、逆に人が猫背にならない時はどんな時でしょうか。

1つは「寝ている時」。

もう1つは、「膝立ちしている時」です。 

 

 

「膝立ち」でトレーニン

膝立ち

上写真のような感じで「膝立ち」をしてみてください。(写真みたいに祈らなくていいですよ笑)

この状態だと、バランスを取るために、どんな猫背の人でも自然と背筋は伸びます。

体重は大腿骨(太ももの大きな骨)に乗っている感じです。

この時、上半身の力も抜けたリラックスしている状態になっていると思います。

これが良い姿勢です。

このイメージをしっかり持って、今度は立ち上がってみましょう。

先ほどより、体重のかかるポイントが胴体から離れるので難易度が上がりますが、今度は大腿骨ではなく、すねの太い骨に体重を乗せるイメージです。

上半身を完全に脱力させても、背筋が自然に伸びていたら成功です。 

 

 

良い姿勢で深呼吸してみましょう

深呼吸

良い姿勢ができたら、もう一度深呼吸してみましょう。

どうですか?

自然に大きく空気を吸い込むことができているはずです。

個人的には酸素が全身に染みる感覚があります。手足の先が軽くピリピリするような。。。

良い姿勢は力を入れるんじゃなくて、抜くことがポイントです。

あとは、時々このすねの太い骨に体重を乗せる感覚実践していって癖付けしていきましょう。

電車に乗っている時、信号待ちの時、エレベーターに乗っている時、洗面所で歯を磨いている時、色々とチャンスはあります。

こういった安価なサポート商品を使うのも手ですよ。(2,000円以下で買えます) 


猫背矯正ベルト PORTHOLIC 背筋サポート 男女兼用 通気性抜群 脱着簡単 姿勢改善/歪み予防/肩こり解消 姿勢

無理のない自然な良い姿勢を作って呼吸を整えれば、体中に酸素がしっかり行き渡る健康体質になります。

そうすれば、肩こりや冷え性、心の不安感が今より大きく改善されるはずです。

心と身体を整えるために、まずは1週間チャレンジしてみませんか?

 

<おすすめ>「呼吸」についてさらに掘り下げた記事

 

<おすすめ>より積極的な改善を目指す記事

jiaozi77.hateblo.jp

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村