ストレスフリー生活研究ラボ

ストレスフリー生活研究ラボ

全てのサラリーマンのための、心と体が整うストレスフリーな生き方探し

うまく言い返せない。すぐに反論できない。悩む時間があったらこの本を読め/「反論する技術」書評

人と話をしていて、「違うんじゃないか?」と思いつつもうまく言い返せず、もやもやしてしまうことって結構ありますよね。

あなたの周りに、少しズレたことを言っていても、オーバーに断定形で話すことで発言権を握っているジャイアンみたいな人がいませんか?

僕の職場にはそういう人がいて、「言ったもん勝ち」みたいになっているシーンがよくあります。

でも、その人に的確に反論することができず、もやもやしながらも決まったことなので粛々と仕事をするということがよくあります。

そんな方にオススメしたいのが、こちらの本です。


図解 弁護士だけが知っている 反論する技術 反論されない技術 ハンディ版

 

この記事では、ネタバレになりすぎない範囲で、書評をしていきたいと思います。

 

本の著者は「弁護士」

弁護士といえば、異議あり!」と言っているドラマのシーンを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。(実際はあまり無いようですが)

法廷で相手を言い負かしたり、論理的に説き伏せたりする「言葉のプロ」です。

そんな著者が、普段使っている反論のポイントをイメージ図と具体的事例でわかりやすく紹介してくれています。

 

 

本の目次

正直、目次の小見出しを見るだけでもポイントがわかるぐらい、1つ1つのポイントを細かく丁寧に説明してくれています。

小見出しまで書くと、ネタバレになっちゃいそうなので、中見出しまで書いておきます)

【反論する技術】

  • 「逆質問」でその場をしのぐ!
  • 都合よく論点をずらす!
  • 答えるのをやめる!
  • 相手のスキを突く!

【反論されない技術】

  • 「一理ある」と思わせる!
  • 証拠をもとに説得する!

この本は、ハンディ版と書いてますが、文庫本サイズではなく単行本サイズです。

なので、普段から手元に置いておいて何かあった時に使うというには正直適さないです。

しかし、平易な文章で図解を使いながらわかりやすくポイントをまとめてくれているので、頭の中にスルッとインプットされる内容だと思います。

そもそも反論したい時って、瞬間的なものですしね。

著者が書いている言葉ですが、

全部使う必要はありません。いまのあなたにとって、これは使えそうだと思ったものがあれば、明日から使ってみてください。

という意識で十分かと思います。

 

 

この本から得られること[反論する技術]編

何より反論の具体的なテクニックが得られます。

「どう反論するのか」を説明しているというよりは、「どう反論しやすい状況に持っていくのか」というテクニックが紹介されています。

しかし、1個目からズルい!

僕が今まで無駄に真っ向からぶつかろうとしすぎていたんだなと思うぐらいのテクニックのオンパレードです。

論破っていう言葉が、ネットでは流行っていた時期もありましたが、本当に無駄なエネルギーだったんだなと感じました。

そして、それぞれのポイントに対して、「効果」がまとめられているんですが、だいたいが二段構えになっています。

相手がうまく返せなかったら崩すチャンス、言い返せてもその間に次の手を考える時間稼ぎになるというような形です。

「相手のスキを突く!」の章あたりから、やっとまともに反論らしいことをしていますが、ここも徹底してズルいです。

とにかく、1つでもスキがあるところだけにフォーカスして反論することで、自分のペースに持っていくテクニックが多数紹介されています。

簡単なポイントを書いた記事があるので紹介しておきます。

 

 

この本から得られること[反論されない技術]編

自分の主張を、相手に言いくるめられないためのポイント2つを教えてくれています。

たった2つです。

  • 「一理ある」と思わせる!
  • 証拠をもとに説得する!

先ほど紹介した、この2ポイントですね。

本書では50ページぐらいかけて具体的なテクニックを紹介しています。

こちらは、プレゼン等で使えるテクニックになるのではないかと思います。

 

 

インプット→実践

多くのテクニックが紹介されていますが、大切なのはこの知識をもって、勇気を手に入れることだと思います。

結局は、自分が動かないと現状は変わりません。

今の現状が満たされないのであれば、まずは不満や理不尽との向き合い方を身に付けてみませんか?

この本が、心が安らかに整った毎日を過ごす手助けになるはずです。

 
図解 弁護士だけが知っている 反論する技術 反論されない技術 ハンディ版

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村